腕時計

憧れの舶来腕時計

かつて腕時計が憧れだった時代があります。欧米から輸入されてくる舶来品の高級腕時計。一流の職人が世界最高水準の技術で作り上げた逸品。

それはため息がもれるほど魅力的な腕時計たちでしたが、購入するにはあまりにも高価なものでした。

ところが、オートメションで大量生産の腕時計を子供のお小遣いでも買える現在において、腕時計には価格の二極化が起こっています。

腕時計というステータス

腕時計はメガネと同じように、体の一部と言えるほど、その人自身のセンスを物語るアイテムです。

せっかくスーツや靴をスマートに決めても、腕時計が釣り合っていなかったら台無しです。

最近は安価でも高級感のある腕時計が増えてきましたが、あれこれ選んでいるうちに目が肥えてくると、やはりフォーマルにも合わせられる本物の高級腕時計へ魅力を感じるようになってくるものです。

腕時計は一生の友

仕事にも旅行にも、いつも側にいる腕時計は、その人の人生をずっと見守っていてくれる愛用の一品となります。

そして、高級な腕時計の良さは堅牢で信頼性の高いムーブメント。

見た目は安価な腕時計とそれほど違わなかったとしても、ケースの中に隠されたムーブメントは、オートメーションの部品では成し得ない、師から弟子へと職人が受け継いできた歴史と伝統の技、そして何より、時計職人としてのプライドが込められています。

正確に時を刻み、いつまでも動き続けてくれるからこそ、苦楽を共にすることができるのです。そして、それこそが、本物の高級腕時計が持つ本当の魅力と言えましょう。

メニュー